東大を目指す中学受験には個別指導塾に行くことが近道でした

子どもを産んでから、すぐに子どもを東大に行かせようと夫婦で話し合いました。
なるべく早くから子どもには勉強や習い事もさせて、学力をあげることに集中させていて、小学校自体は公立校に行かせることにして、子供同士のコミュニケーションも大切にさせていました。中学では本格的に勉強をさせたかったので、中学受験をさせることにしました。
塾には今までも行かせていたのですが、集団学習だったのでこれからは東大に向けて講師と一対一で勉強ができるようにと個別指導塾に行かせることにしました。個別指導塾に変えてからは子どもが勉強にもより一層集中できるようになり、苦手な科目であった算数も分かりやすく講師の先生が教えてくれているので、個別指導塾にして良かったです。公式などでつまずいても分かるまで一緒になって考えてくれているので、分からないまま放っておくということがありませんでした。中学受験も私が目標にしていた中学校にも行けるようになりそうな学力を身につけています。学校よりも少し先の勉強をしていることで、周りの子どもよりもだいぶ先に進めていることを実感しています。子供自体も中学受験の負担にもなっていないようで、子どもと一緒に東大に向けての目標ができています。