東大合格の夢を目指して個別指導塾で中学受験準備

息子は将来東大に行きたいと夢を見ています。親としてもぜひサポートしたいので中学受験も早い時期から準備を始めました。
3年生から大手の進学塾に通い始めました。息子は理数系、特に算数が苦手だったので苦手部分の補強のため個別指導塾との併用もしました。そのおかげで苦手部分の底上げと集団指導での全体的なレベルアップに成功しました。
東大受験はまだ先ですがまずはその下地作りのためにも中学受験合格が必須です。息子の第一志望校は中高一貫の東大合格率も高い学校だったためかなり難関校で、いつも模擬試験では合格ラインぎりぎりでした。
個別指導塾にて弱点補強をみっちりやったおかげでギリギリラインを何とか超えられたと思っています。中学受験は精神的にも体力的にも経済的にも本当に大変でした。しかし合格がゴールではなくその先にある夢のスタートなのです。
まずはそのスタートをしっかりきれるように、きちんとした勉強環境をつくることが必要です。その上でも子供の性格をしっかり把握し、子供に合った中学受験の塾選びこそが合否を分けるきっかけになってしまうので、十分注意して検討するべきです。息子のようにある一つの科目が苦なお子さんは個別指導塾で弱点補強してもらうのも効果的ですよ。